ロゴを依頼前に

会社のロゴなど自分でデザインしてそれを採用する場合もあります。しかし、きちんとデザイナーの方に作ってもらいたいという方も少なくありません。発注する方の中には料金や会社名だけで決めてしまう方もいます。しかし、デザインの内容を重視するのであれば、きちんと見るべき点を確認してから発注することをおすすめします。

料金を確認では見るべき点とはどのような点になるのでしょうか。主に発注するときに確認した方が良い点としては主に2点が挙げられます。まずは1点目について解説します。依頼するときに気を付けるべき1点目としては、制作側から提示された料金を慎重に確認することです。特に制作にかかる料金の安さを重視して発注する方は、その安い費用だけに目がいき他のことを見損ねている場合も多いです。したがって、後から線画だけの値段であったことに気づき、着色するのに別料金がかかったということもあるのです。加えて、指示したものが不足していた場合に、修正を頼むこともあるでしょう。この際にも基本の料金とは別に酒精費用がかかることもあるため、事前に提示された料金の配分を確認することは重要なことです。

2点目は発注前にその会社で実績である過去に、作られたロゴを見せてもらうことです。ロゴの実績を見ていなかった場合に、依頼者側は会社側がどのようなデザインをするのか把握しにくくなると言えます。そのまま頼んだ場合はできてからしか確認ができず、後から思っていたのと違ったと悩む方も少なくありません。指定した点をきちんと踏まえて制作できるか確認するためにも、事前に実績を見せてもらうことをおすすめします。

本人がデザイナーである場合にはある程度の流れやどのように、発注すべきかが分かると予想されます。ここでは発注する際にどんな点を見て判断すれば良いのか必要なポイントを紹介しています。理想に合ったロゴを制作してもらいたいと希望する方にとって、少しでも有益な情報を提供できれば幸いです。